無料ホームページ 現在の閲覧者数: Towa&Fuu&Riku…saya☆ 病院

Towa&Fuu&Riku…saya☆

福岡より愛を込めて♪ 異犬種3兄弟と特別養子縁組の子供との日常を綴りますw

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
web拍手 by FC2

甲状腺検査&血液検査

我が家の3男坊、陸たん。

今年の8月で10歳になります。

9歳も後数か月で終わり。

1年があっという間に終わります。

8歳~9歳の間に弟が出来て(颯斗)、環境もガラリと変わり、

色々とストレスも増えているだろうなぁ~って思ってるけど。

本日、半年に1度の甲状腺の検査へ行って来ました。

一緒に血液検査もお願いしました。

いつもは甲状腺の検査は院外へお願いしており、血液検査は病院でなんですが。

今年は、甲状腺の検査と一緒に血液検査が院外でセットプランになっている分があり、

そちらの方が院内でするよりも安くつくとの院長の勧めでお願いしてきました。

その為、院外なので結果が出るのに1週間~10日程かかります。

今のところ、目立って見える病的なモノもなさそうだし…

エコー検査をお願いしていたのですが、エコー検査でも心臓、脾臓、ゴールデンに

腫瘍が出来やすい臓器も異常なしで…

ただ、肝臓にガスが溜まっていたみたいで…エコーが不鮮明な為…

血液検査で異常があれば再エコーを撮ってもらうことになっています。

院長曰く、10歳も色々と出てくる時期なので(ゴールデン)…気をつけていきましょう!っと。

陸は、颯斗と一緒に散歩へ行くと颯斗がよく歩くからか一緒になって

1時間平気に歩きますが、私と一緒に2人で散歩へ行くと30分で終わり。

そうやって颯斗一緒ならばよく歩くので…

颯斗を子供として迎えたこと陸にとってストレスではなかったのかもって思える一幕だったりします。

DSC04312-1.jpg

そして颯斗、4月17日より近くの幼稚園の未就園児クラスへ週2回通うことになりました。

DSC04308-1.jpg

2歳児クラスとして希望していたのですが、見た目が大きいこととよく話をすることなどが考慮され、

3歳児・2歳児クラスの混合クラスへ移行。

慣れるのもあっという間に慣れそうです。

幼稚園の付き添いなどで、やっぱり永遠と風と陸には傍に居てあげる時間が減り、

寂しい思いをさせていると思うと心がキューっとなりますが…

みーんなで元気に過ごしていけたらな~って思っています。


ランキングへ参加しています。

応援よろしくお願い致します!(^^)!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 3頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/04/19(金) 19:43:27|
  2. 病院
web拍手 by FC2

副腎皮質機能低下症検査

2月20日(月)

副腎皮質機能低下症の検査を受けてきました。

19日(日)は1日空いて何もせず。

その状態での電解質検査をまずは受けました。

結果はNa143(141-152) K3.9(3.8-5.0) Cl107(102-117)

っと全て正常値!!!!!

ヘマトクリット値の値も38(35-55)

ちょっと低めだけど、一応正常値内に!!!!!

体重も34.55キロ。

副腎皮質機能低下症の検査としては「コルチゾールPre」と「コルチゾールPost」の値を。

結果は2-3日後だったのですが…

これを書いている時点で1ヶ月以上も前の話になっちゃいましたので…

結果は、「コルチゾールPre」が2.2(1.0-7.8)

「コルチゾールPost」が13.6

っと異常なしでした。

副腎皮質機能低下症と思われる兆候が何個も見受けられたのですが、

結果は違うということになりました。

決定的な今回の検査の結果が当てはまらない。

これからはやはり電解質の検査は定期的に受けたほうがいいだろうとのことで、

本当は3月中に1度と言っていましたが、4月の頭には「甲状腺機能低下症」の

検査を受けないといけないので、そのときに一緒にお願いすることにしました。

今のところ、陸、震えもないですし、ごはんも残さず食べますし、

散歩もいつも通りに歩いてくれています。

本当にいつも通りってことが幸せなんですよね。

また4月に検査を受けてからご報告します。

只今、ノートパソコンを買い換えまして…

康パパに設定してもらっている途中でして…

写真が全く取り込めていません。

文字だけでダラダラと失礼しました。

  1. 2012/03/24(土) 00:00:00|
  2. 病院
web拍手 by FC2

再び電解質検査

2月18日(土)

再び、電解質検査を受けにこちらのかかりつけの病院へ。

体重が昨日33キロだったのが、この日は34.2キロに。

体重が増えたということは、かなり脱水していたのであろう。

ヘマトクリット値は昨日のが普通。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)はまだ多いけれど、

副腎皮質機能低下症(アジソン病)は稀。

電解質検査後。

結果は昨日よりもよくなっている。

ストレスによって副腎皮質機能低下症が悪くなることもあるということ。

木曜日に山口大学まで行ったストレス、慣れない環境でのストレスがあったのかもしれない、

震えもあったし。

昨日は家に帰っていつも通りの生活になったので、今回はまだ値が良かったのかも。

Na136、Cl102、K3.7

点滴後。

ヘマトクリット値が27。

黄疸もなし。

15時の時点での検査。

Kを4.0の濃度で点滴したけれど、Kは4.6まで上昇。

カリウムは上がるのが早い。

Clは正常値。

放っておくとNaは下がり、Kは上がる傾向にある。

副腎皮質機能低下症の兆候あり。

陸は今までは震えることがなかった。

緊張するとコルチゾイルの値が高くなったりもする。

それで分からなかったのか?

月曜日20日に副腎皮質機能低下症の検査を受ける。

  1. 2012/03/23(金) 11:09:05|
  2. 病院
web拍手 by FC2

お預け後

点滴後…

途中の検査結果ではヘマトクリット値の値が20%近く落ちた。

朝35、夕方28.9。

輸血でワンちゃんが血を抜いたとしても値が20%も下がることはないし、

陸は輸血はしていない。

ゴールデンは1㍑ぐらいは抜くけれど、それでも2-3%位しか下がることは無い。

20%も下がるのは有り得ないが、有り得てる。

出血で20%も値が下がっているのであれば、身体の外ならば目で確認出来るし、

そして何より、具合が悪くなるはず。

身体の中のどこかで出血して血の塊が出来ていないかとエコーで見たけれど、無し。

おしっこの為に院外へ出て散歩へ行ってみたけれど、グイグイ引っ張る力がある。

ごはんをあげてみると少し残したけれど、食べた。

最初の食べっぷりは良かった。

これはヘマトクリット値が1日で10-20%下がっている子が出来ることではないだろう。

体内で壊される、免疫介在性不全とかバベシア症は血管の中で血液が壊される病気。

今までこの病気で激しくて1日2%数値が下がる子が居たが、陸みたいに10-20はいない。

1日1%下がっただけでも黄疸が出てくる。

赤血球が破壊され、赤血球の中にある、色素ヘモグロビン・ビリルビンなど代謝されるのに

時間がかかり、黄疸が出てくることに。

陸は黄疸無し。溶血性の貧血でもなさそう。

点滴に薬は入れていない。

本当は今までも血が薄く、貧血はしていたが、脱水していたから見た目電解質は狂っていたが、

点滴が入ったから血が希釈された。

その証拠に電解質はよくなってきている。

電解質の値がよくなる度に貧血の値が悪くなるということは、水の量が今まで高く、

昨日は45あったが、水分バランスが崩れて血液濃縮が起こり、どんどん薄まってきて29まで下がった。

だからそんなに体調が悪くない。

本来の水分バランスが戻ってきたら血が薄まってきたのではないかな?っと。

Na.Cl、食塩の成分。

水をひきつける作用がある。

人でも塩辛い物を食べるとのどが渇く。

ナトリウムというのは水を引き付ける力がある。

適度にNa.Clは身体の中でバランスを取り、水分調節を行っているが、

今までNa.Clが少なかったから水を取り込む力がなかった。

水を保持する力がなかった、だから水が逃げていった。

だから、血が薄くなり血液が45に保たれていた。

ただ、今日ナトリウムを入れてどんどんお水を引き込む力がついてきているから

身体の中に水分が入ってきている。

やっぱり水分がみなぎると血が薄くなってきたのではないか?

なので、本当は貧血をしていたんだと思う。

ゆっくりゆっくりかけてきたからそんなに陸がきつくなかった。

それで食欲が今回無くなったのかもしれない。

その為、陸は冬でも水をよく飲むのかもしれない。

電解質が狂っていたのはアジソン病の疑いもあるかもしれない。

ただ、副腎の萎縮などはない、大きさも普通。

アジソン病では萎縮がみられることもあるらしい。

文献的には副腎の大きさが普通だからと言って働きがちゃんとしている訳ではない。

働きを見ないと分からない。

昨日の山口大学での検査では副腎の値は普通。

一応、水分補給をして血液中の水分補給をした時点で副腎の再検査をしてほしいとの山口大学の意見。

昨日の血液は濃縮されている血液なので、陸は20%貧血の値が下がっている割には顔色が良い。

朝Na128 K4.2 Cl93
 Na133      Cl100(補液後)

生理食塩水でNaClの値を上げた。

今回はKは行っていない。

貧血があると血液の中の鉄分が減ってくるはずだろうけれど、陸は血液検査の結果は

あまり下がっていない。

再生性不良の貧血にあてはまる。再生していないということ。

副腎の機能低下症の中に非再生性貧血が項目に入っている。

副腎皮質機能低下症は特徴的なものがない。

腎不全に似ている症状が出たりもする。

白血球や血小板など異常なし。

ただ、血球全体が少ないよう。

点滴したからその影響もあるとは思う。

また明日、電解質の検査を行う。

まだまだつづく~
  1. 2012/03/22(木) 22:44:02|
  2. 病院
web拍手 by FC2

こちらの病院で

2012年02月17日(金)

山口大学でMRI検査を受けた翌日。

いつも通りに起床し、こちらのかかりつけの病院へ。

電解質検査を行いました。

2月4日にかかりつけの病院で検査していた時には、副腎のエコーでは見た目の萎縮はなさそうとのこと。

機能の問題は別ですが…

電解質の検査結果はということ、カリウムは正常値!

昨日の点滴が効いていたのかな?

ただ、ナトリウムとクロールの値が低いとのこと。

2月16日 山口大学での検査結果

クロール(Cl) 97
ナトリウム(Na) 126
カリウム(K) 6.9

2月17日 かかりつけの病院での検査結果

クロール 93
ナトリウム 128
カリウム 4.2

機械によって少しは変わってくるだろうけれど…

血液の濃さの値、ヘマトクリット値は山口大学では46、こちらでは35。

と1日で9%も値が落ちています。

陸は今までは46・48・47など正常値。

昨日、麻酔をかけていたので赤血球が脾臓の方へいっているのかな?とも考えたけれど。

ごはんや水をあまりあげていないことで9%も値が減ることはない。

脱水しているのであれば、9%逆に上がってくるだろう。

水を飲んだからと言って急に血が薄くなることもないし。

脾臓にプール(パッと)している分にはそこまで心配はないが…

どこかで出血していて9%も値が下がるとまずは元気が無くなる。

このヘマトクリット値の値が気にかかるが、まずはナトリウムとクロールの補液を行う。

ということで、まずはナトリウムとクロールを正常値に戻すべく、点滴を。

午前中の間に行っていましたが、お預けとなってしまいました。

  1. 2012/03/09(金) 14:04:01|
  2. 病院
web拍手 by FC2

つづき 山口大学 MRI検査

陸をお迎えに行くと…

先生が私たちの元へやってきて、検査中に電解質検査も行ってみたところ、

低ナトリウム・高カリウムの症状が一向によくならず、

どんどん値が悪くなる一方だったとのこと。

何とかナトリウムは下がったが、カリウムは上がるのみ。

これは命に関わることなので、その為に点滴を今、打っていると。

本来ならばこのまま預かって(入院)、様子を見たほうがいいかもしれないが、

私たちが福岡に住んでいること、もし急変で状態が危なくなったときに、

間に合わない可能性があることを言われました。

その時、私は康パパの意見も聞かずに「連れて帰ります」と言いました。

すると康パパも私が言っていると同時位に同じ言葉を。

最悪、帰りの道中で心臓が止まる可能性もあるとも言われました。

陸はまだ点滴に時間がかかるとのことで、その時点では会えませんでしたが、

まずは点滴が効いてくれることを祈り、待合室で待つのみ。

私は待合室で不覚にも泣いてしまいました。

陸のこと考えると泣いたらダメなのに。頑張ってるのに。

診察室に呼ばれたのは20時半過ぎだったと思います。

MRI検査とCT検査の結果をまずは、画面を通じて聞きました。

一番初めに診察室で先生が指摘していた首周り~肩にかけての陸の痛がり、

これはMRIで確認したところ、神経が揺らいで首が痛いと思われるような箇所が見当たらないこと、

陸が痛がっていたのは首の付け根辺り。

肩の内側を差し込むと嫌がっていたが、2回目の診察室では痛がっていなかった。

これは病院では普段の症状を見せないことは緊張からよくあること。

首はスイスイ動かすが首の根元を触ると嫌がる。

首の腫瘍があれば嫌がる。

輪切りで見たところ、おかしな箇所はない。

脚も首が悪ければ前脚も擦り始める。*陸は後脚のみ。

もし痛みがあっても神経が麻痺する程ではないのかもしれない。

ひっかかるのは陸が四六時中震えていることと電解質のバランス。

普段、罹りつけの病院では診察台の上に乗ると、少しだけ脚付近が

ブルブル震えることはあったけれど、四六時中震えていることはなかったんです。

これは私の推測だけど、一番初めの診察室で先生に肩をグイッっと押され、

痛いし、怖いしでブルブル震えていたのでは?っと。

先生も初めて会う先生ですし。

電解質のバランスで言えば、低ナトリウム・高カリウム。

ホルモンの病気の場合がある。

陸の症状から言うと「アジソン病(副腎皮質機能低下症)」が当てはまる。

COR?(上手く聞き取れず)濃度が低く出る。

1以下で出るところ、陸は8.4。

その為、アジソン病との確定には至らず。

しかしその他の症状、震える、元気が無くなる、痩せてくる、低ナトリウム、

高カリウムなどは一致している。

この状態を今回はMRI検査とCT検査で外科の部門でお願いしていたので、

先生が内科の先生にも相談をしてくれたそうです。

が、陸に当てはまる病気がないとのこと。

この影響で今回、食欲がなくなっている可能性もあると。

脚のふらつきは変形性脊椎症によるものだとは思われるけれど、

電解質の異常と関係がないとは言い切れない。

アジソン病の初期症状でCOR濃度が高いということは無い。

もしかすると脳の問題もあるかもしれないが、グルグル周ったり、発作が起きたりなど

陸の場合は症状がないので、関係ないのかもしれない。

福岡に帰ってしてもらいたいのは、2-3日後にもう一度アジソン病の検査をしてもらうこと。

明日には、もう1度電解質の値と血糖値の値を調べてもらうことでした。

カリウムを下げる点滴をしていたおかげか、少しだけ数値も下がりました。

正常値まではいきませんでしたが。

陸にやっと対面出来て、元気ないかな?っと思いましたが、

スタスタ歩いてきてくれて、点滴に利尿作用も含まれているからおしっこするかも

しれないと言われていたので、駐車場でおしっこさせるとグイグイ引っ張って歩いてくれました。

おしっこも大量に!!

本当に、全身麻酔したの?低ナトリウムだったの?高カリウムだったの?って

思わせるほど、元気に見えました。

全て終わったのは21時過ぎ。

遅くまで診ていただいてありがとうございました。と礼を言って、お会計へ。

画像2012-02-03 002-1

全てで¥129,610でした。

画像2012-02-03 003-1

最後に貰った紙には水とごはんの時間が。

ごはん食べさせていいの1時だよ…

でも9時半頃、山口大学を出発して、陸のおしっこ休憩を1時間に1度は取っていたので、

自宅に帰りついたのは0時位だったかな?

私は途中から頭が痛みだし、気持ち悪くなり、自宅の駐車場に着いた途端、

吐き気に襲われ、吐くと言う…(お食事中の方、すみません。)

道中、心臓が止まったらどうしようかと思って考えすぎていたからなのか?

本当に気持ちが悪かったです。

が、無事に陸も元気にとまではいかないけれど、自宅に帰ってこれて、

本当に良かった。

そして脊髄に腫瘍が無くて良かった。って思いました。

今回でやっと山口大学での検査報告は終わりです。

が、こちらでの検査はまだまだ続くことになります。




  1. 2012/03/03(土) 21:47:25|
  2. 病院
web拍手 by FC2

つづき(余談)

陸を預けてからの時間は、まずごはん。ランチを食べに。

そして、山口大学から近いゆめタウンへ。

色々見てたりもしたけれど、やっぱり頭の中には陸は今頃辛いかな?とか

そんなことばっかり。

ゆめタウンを後にしてからは、山口市内に康パパの親戚のお家があり、

そこにもダックスが7頭、ヨーキーが1頭、ゴールデンが1頭と、

多種多頭飼いだし、犬種も近い!!

しかもゴールデンの子がもうすぐ15歳!!

首周りとかに腫瘍が出来ており、今年の春を越せるか?なーんて2月の頭に言われてたんだけど。

ちょうど山口大学へ行く前の日に連絡をした時、もう水以外飲まなく(食べなく)なったっと。

これは会いに行くしかないよね。って康パパとなり、自宅へお邪魔することに。

着いてすぐに、今までは外飼いだったんだけど、玄関&廊下のところに居て。

食欲無くてキツイはずなのに、康パパと私に尻尾振ってくれて♪

そして同じゴールデンでも似てる子、似てない子って居る中、陸とどこかで

つながってるんじゃないかなぁ~ってぐらいにソックリ。

もう脚も弱まってしまってフラフラ状態なんだけど、

寝ているところではやっぱりおしっこはしたくない!って

動いておしっこしたりとか。

陸の数年後はこんな感じになっているのかな?って改めて思ったり。

写真、カメラ持って行ってたのに、話に夢中になってしまい、撮り忘れてしまうという…

ダックスの子達もやっぱりヘルニアになったりだとかで色々あるみたいだけれど、

同じ多頭飼いとして色々と共通することもあったりで、話をしていたら、

もう18時半過ぎ。

迎え予定が19時だったので、ここでさようならしました。

帰りもゴールデンの子を触りに触って、陸にパワーを分けてもらいました。

ちょうど19時頃、病院へ着きましたが、私たちだけ。

午前中はあれだけ賑わっていた待合室も誰も居ません。

呼ばれるまで待ちました。

数分後、先生がいらっしゃいましたが、陸、まだ点滴を受けているとのこと…

一瞬、点滴?って思ったけれど…

説明はまた今度。

分割しすぎてしまってごめんなさい。




  1. 2012/02/28(火) 20:47:52|
  2. 病院
  3. | コメント:4
web拍手 by FC2

つづき…血液検査~レントゲン検査

昨日の続きです。

問診中に先生が陸の肩辺り(内側)を触るとグッと力を入れて痛がっていたという。

肩が悪いか首が悪い時に筋肉を固めて守ろうとするらしい。

陸の場合は特に左側、触った後に震えが激しいので基本的に痛みがあるのでは?

っという問診中の話でした。

その後、血液検査とレントゲン検査を終えて、診察室へもう1度呼ばれ、結果を。

陸、震えはレントゲンを撮る時は緊張からかおさまっていたようで。

首周りのレントゲンは大きな異常は見当たらない。

レントゲンで見える骨の異常はなし。

腰のレントゲン、変形性脊椎症とのこと。

年齢を重ねると出てくる病気。

レントゲンで見てみると、確かに骨と骨の間に通常ならばないはずの突起物みたいな

背骨が変形し下方に骨がせり出して前後がつながったようになっています。

骨の不安定さが増し、それを身体が守るために骨をひっつけようとする。

これにより脚のふらつきは出てくるのかもしれない。

酷い場合は立てなくなったりする。

やはり、股関節は悪くない。

大きな異常というのはない。

という、レントゲン検査の結果でした。

そして、血液検査。

電解質のバランスが悪いと言われました。

電解質のバランスというものはなかなか崩れるものではない。

陸はNaが低い。

Naが低くなることはそうそうない。

そして高カリウム。

脳の異常でも電解質のバランスが崩れることがあるが、

脳に異常がある場合は、性格が変わったり、発作が起きたり、

目が揺れたりなどの症状が出たりする。

それはなし。

ただ、水はよく飲む、怖がることが増えた気がするということは伝えました。

怖がるのは痛みがある時は多いとのこと。

ホルモンの出が悪くても震えたりもある。

それに、陸は「血糖値」の値が高い。

正常値が(80-120)のところ、糖尿病の場合には(200-300)ぐらいの高値で出るが、

陸は139。

糖尿病は血糖値が高すぎて、おしっこの中に通常は糖が出ていかないが、(身体の中で消費されて終わる)

血糖値が高くなると、糖がおしっこの中にもれ出てしまう。

犬は(180-200)の値ぐらいで症状が出てくるらしいのですが、陸はあてはまらない。

糖尿病ではないとのこと。

ホルモンの病気で血糖値が高くなることがあるし、これから糖尿病になる身体なのかもしれない。

ということまでは分かりました。

ただ、電解質のバランスが悪いこと、レントゲンだけでは見えない部分もある為に、

やはりMRIとCT検査をお願いすることに。

でもね、これだけ電解質のバランスが悪く、血糖値もちょっと高値の為、

健康体とは言えないので、全身麻酔のリスクは高まると言われました。

そう言われると、怖くなり、迷いもしましたが、2頭に1頭が亡くなるような

ハイリスクではないということを言われましたので、お願いすることに。

全身麻酔の誓約書にサインをして、陸に頑張れ!と伝え、バイバイ。

お迎えは19時過ぎだと言われました。

この時点でちょうどお昼ぐらい。

私たちはお昼ごはんを食べにちょっとお出かけしましたが、

陸は頑張っているんだろうなぁ~って気が気じゃなかったなぁ~

またまたつづく。







  1. 2012/02/25(土) 16:06:21|
  2. 病院
web拍手 by FC2

山口大学動物医療センター MRI&CT検査

2012年02月16日(木)

AM6時過ぎ自宅を出発しました~

前日まで天気も悪く、出発した福岡は雨続きだったけど、

北九州に入り、山口へ入る頃には雨も止み、良かった~

陸は今日は兄ちゃん居ないのに僕だけこんなに遠出していいの??って感じで

キョロキョロしてたりもしたけれど、休憩先のPAでは一人っ子を楽しんでいたね♪

15日の17時半~は絶食で水のみだったので、お腹すいているだろうけれど、

元気!元気!トイレに行って戻って来た康パパを見るなり小走りでお出迎えしたりして♪

山口大学に着いたのはちょうど9時でしたねぇ~

9時から受付開始です。

予約は事前にかかりつけの病院の院長が行っていてくれたのですが、

日にち指定は出来ますが、(外科は月・木)時間指定は出来ないので、

9時からの受付開始で順番制みたいです。

私たちはもちろん最後(笑)

画像2012-02-02 001-1

すでに大分ナンバーや広島ナンバーの車も停まっていました。

画像2012-02-02 003-1

ここまでは陸もリラックス出来てたかなぁ~???

基本的に車に乗ってお出掛けは好きだし、ごはんを食べている状態でも吐いたことないし~

もちろん今回は絶食だったから吐きもしなかったしねぇ~

画像2012-02-02 004-1

待合室にはイスがズラーっと並び、人・人・人。

診察室も6部屋あるみたいだけど、この日は診察室4までしか使っていないみたいでした。

5・6は一度も開きませんでしたから。

呼ばれるまではひたすら待機してました。

画像2012-02-02 005-1

緊張もあっただろうけれど、やっぱり早起きしたから眠たいねぇ~

緊張もとりつつの欠伸でした。

どれぐらい待ったかな???

まずは10時~11時の間で1度呼ばれたんだと思います。

診察室へ入ると、先生らしき人と、研修の学生さんが。

研修の学生さんが今回のMRI検査を撮るようになったいきさつの話を聞いてきます。

なので、一通り話をし、4日の日に急に震えて、脚からきているのかと思ったけれど、

そうではなかったので、脊髄を疑い、今回来た旨を伝えていると、先生が、

陸の首~肩辺りを触りだしていました。

すると震えだしたという。

まずは、全身麻酔に耐えられるかどうかの血液検査とレントゲン検査を行うそうで、

一旦、陸を預けて、待合室で待機することに。

長くなりそうなので、また後日。



  1. 2012/02/24(金) 12:31:22|
  2. 病院
web拍手 by FC2

最後の検査中です。

陸、血液検査、レントゲン検査が終わり、
MRI検査、CT検査、ホルモン検査を経て、
今、エコー検査を受けてます。

麻酔で疲れてるだろうに(;_;)
陸は検査受けたいなんて一言も言ってないのに。

まだ詳しい結果は分かっていませんが、
また報告します。
  1. 2012/02/16(木) 19:19:17|
  2. 病院
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。