無料ホームページ 現在の閲覧者数: Towa&Fuu&Riku…saya☆ クッシング症候群

Towa&Fuu&Riku…saya☆

福岡より愛を込めて♪ 異犬種3兄弟と特別養子縁組の子供との日常を綴りますw

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
web拍手 by FC2

クッシング症候群

まずは…昨日、無事に抜糸終わりました。
今回はよくよく診察してもらった後、抜糸決定。
ってこの前もよくよく診察してもらった後だったのですが…

今回も深夜頃にパックリ開くのでは?って思っていましたが…
かなり心配がありましたが…

今回は全開の処置で再生のゼリーを一緒に埋め込んで下さっていたのも1つ、
そして3週間待ったのも1つの理由だとは思いますが、傷口開くことなく
今、現在も過ごしています。

画像1 013-1

この写真は前の写真なので昨日の写真ではないのですが…

これからは…
8月9日、1回目の抜糸の際に院長に聞いてきたことを書いていこうと思っています。

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)の場合、血液検査で70%以上の子が
ALT((GPT))(肝臓)・ALKP(胆嚢・肝臓・骨)の値が上がる。

永遠の場合は5月31日の血液検査の時点で、ALTは10以下、ALKPは27。
クッシング症候群の場合は、大体が極端にALT・ALKPが高くなる。
クッシングは副腎ホルモンが出過ぎる病気。
いわゆる、ステロイドをあげた状態と同じ状態になる。

ただ出始めの時は数値が上がってこないこともある。
いきなりは上がってこなくて2次的に上がってくることも。

副腎ホルモンが出てホルモンが肝臓に働きをかけて透心し肝臓の値が悪くなり
2次的に上がってくる。

甲状腺(陸)と同じで急激に進行する病気ではない。

クッシング症候群は治療にもリスクを伴う病気である。

甲状腺機能低下症(陸)の場合は、薬を飲ませていれば大丈夫で、薬の値が高くても
そんなに急激にバタッっと症状が出るものではない。

クッシング症候群の場合は、薬をあげすぎると急激に症状が出て最悪死に至ることも。
甲状腺よりもクッシングは検査も慎重になる。
かと言って、陸の甲状腺の検査などを慎重にしていないってことではない。

クッシング症候群の症状としては水を飲む、よく食べる、毛が抜ける、疲れやすい。
ワンちゃんでは甲状腺と並んでクッシングは多い病気。

ただ治療においてははるかにクッシングの方がリスクを伴う。

結構、クッシングと診断されてもリスクが伴うので治療を行わない方もいる。
病院内でもクッシングと診断された子が何人か居るが、一部の方は治療していない。

よっぽど生活に困るような症状が出てきた時は治療を考えるが、治療にもリスクを伴うし。

永遠はクッシング・糖尿病かと思い、血液検査項目に入れていたが、異常はない。

こういった基準ではないが、陸が甲状腺を患っている家庭でクッシングの子まで出るかな?っと。

一応、永遠は尿比重も軽いし、Na・Clの値が低いので気にはなる。

次回に続く。

あまりにも長くなるので2回に分けて書いていきます…

にほんブログ村 犬ブログ 犬 3頭飼いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2011/09/02(金) 13:53:40|
  2. 病気
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。